ノンホールピアスQ&A

ピアスとイヤリングのメリットデメリット

WOJEの西原です。
ピアスとイヤリングのメリットデメリットについてまとめてみました。

ピアスのメリットデメリット

ピアス

ピアスのメリットは、
●華奢で可愛いデザインが多い
●K18ピアスは、金の配合量が少ないため、K18イヤリングよりも安い

ピアスのデメリットは、
●ピアス穴が膿んだりなど、トラブルが多い
●ピアス穴のケアが面倒
●ひっかけて落としやすい

イヤリングのメリットデメリット

スワロフスキーイヤリング

イヤリングのメリットは、
●ピアス穴を開けなくてもいい
●耳たぶのいろんな位置につけられる(ピアスだといつも同じ位置(穴))

イヤリングのデメリットは、
●耳たぶが痛くなる金具もある
●華奢で可愛いデザインが少ない
●K18イヤリングは、金の配合量が多いため、K18ピアスより高い
●滑り止めのないタイプは落としやすい

ただ、ノンホールピアスだと、長時間つけても痛くなく、見た目も華奢なので、イヤリングのデメリット部分はだいぶ補えるのかなと思います。

コットンパールノンホールピアス

価格も4000台など手頃なものもあります。^^

私は昔ピアス派でしたが、やっぱり穴が膿んだりして、痛かったので、今はイヤリング派です。
イヤリングも昔に比べて本当に痛くなく、華奢で可愛いのが増えましたよ。

もちろんまだまだピアスの方がデザインの自由度が高い分、やっぱり可愛いデザインが多いです。^^;
ピアス並みにおしゃれなイヤリング(ノンホールピアス)をリリースできるよう、頑張ります!

⇒痛くないイヤリング(ノンホールピアス)一覧

 

2015-06-06 | Posted in ノンホールピアスQ&A, ブログComments Closed 

 

ノンホールピアスってイヤリングですか?

WOJEの西原です。

お客様からの質問に答えたいと思います。

Q:「ノンホールピアスってイヤリングですか?」

A:はい、そうです。^^
ノンホール(=穴のいらない)ピアス
という意味で、まるでピアスのような見た目をしたイヤリングの事をさします。

ノンホールピアス金具

イヤリングと聞くと、たいだいネジ式イヤリングを想像されるかと思うのですが、
今はいろんな種類のイヤリングがありますので、金具の形状の違いで呼び分けたりしています。

ノンホールピアスは、オメガのような形をした金具で作られたイヤリングのことをさすことが多いです。

「ノンホールイヤリング」「オメガイヤリング」と呼ばれることもあります。

いろんな呼び方があり、ややこしいですが。^^;

つけた時の見た目は、本当にピアスっぽくて、イヤリングの中ではノンホールピアスはすごく人気があります。

2

⇒ノンホールピアス

 

2015-06-06 | Posted in ノンホールピアスQ&A, ブログComments Closed 

 

ノンホールピアスとイヤリング、どちらがいい?

WOJEの西原です。

ノンホールピアスとイヤリング、どちらがいい?
と迷っている方へ。

それぞれに長所が違いますので、その違いを見て、
どちらが自分好みかで選んでみてはいかがでしょうか。^^

まず、ノンホールピアスの長所。

コットンパールノンホールピアス

●軽い
一番軽いノンホールピアスで0.4gです。
つけていて、あまりの軽さにびっくりされる方もいらっしゃいます。

●痛くない
長時間つけても痛くないのが、ノンホールピアスのよい点です。

●見た目が華奢
ピアスみたいに見た目が華奢です。これは本当に喜ばれます。^^

 

次にネジ式イヤリングの長所。

スワロフスキーイヤリング

●安定感がある
つけた時に、しっかり挟んでいる安定感があります。

●アンティークなデザイン
ネジ式イヤリングのアンティークなデザインが好きって方もいらっしゃいます。
 

いかがでしょうか?
WOJEのご注文を見ていると圧倒的にノンホールピアス派の方が多いです。

やっぱりネジ式イヤリングのごつさは嫌という方が多いようです。
また、長時間つけても痛くならないつけ心地の良さで、ノンホールピアスが選ばれます。^^

私も短時間であれば、ネジ式イヤリングもOKですが、
8時間とか長時間になると痛くなることもありますので、
ノンホールピアスをつけることの方が多いです。
 

2015-06-06 | Posted in ノンホールピアスQ&A, ブログComments Closed 

 

ノンホールピアスが外れる原因

ノンホールピアスが外れる原因で、
よくあることをあげてみました。

◆ ノンホールピアスが外れる原因 ◆
原因1:装着時にしっかり付けられていない
原因2:ノンホールピアスに滑り止めがついていない
原因3:走ってなくす
原因4:暴風などではずれる

いかがでしょうか?

あ、私、1番だ!など、なにかしら
思い当たる事があるのではないでしょうか。

ちなみに、私は3番が結構あります。^^;

原因1:装着時にしっかり付けられていない

装着時にしっかりと付けないと、やはり外れてしまいます。

また、しっかり付けるには、
サイズ調整が可能なものでないと、
すぐにずれ落ちてしまいます。

ですので、サイズ調整ができるノンホールピアスを
選ぶこともポイントです。

↓そして、付け方のご説明がこちら。

ノンホールピアスの付け方

この方法で、最後に下にひっぱり、
しっかり留まっているのを確認さえすれば、
私は落とすことがほとんどなくなりました。

原因2:ノンホールピアスに滑り止めがついていない

ノンホールピアスに滑り止めがついていないタイプが結構ありますが、
あったかくなると、汗などで滑りやすくなりますので、滑り止めは必須です。
冬でも滑り止めがないと、やっぱり落ちやすいです。

最近はシリコンカバーなどの滑り止め付のものが増えてきています。
シリコンカバーじゃなくてもいいので、
滑り止めがついているものを選んでみてください。

原因3:走ってなくす

これは、イヤリング派の方は結構あるあるじゃないでしょうか。^^;
私も何度これでなくしたか…。

走ると、前からくる風の圧力で、やっぱり外れやすくなります。
ネジ式イヤリングのようにしっかり留められるタイプでも落とすことがあるぐらいですので、
ノンホールピアスのように、軽くはさむタイプのイヤリングはなおさらです。

対策としては、走る時、パッと手で外して、ポケットか鞄に入れると安全です。

原因4:暴風などではずれる

こちらも、外して、ポケットか鞄に入れましょう。
大丈夫と油断していると、一瞬ではるか遠くへ飛んでいってしまいますよ(笑)

以上、少しでも参考になれば、幸いです。

ちなみに、WOJEのノンホールピアスは、1と2の対策ができるよう、
サイズ調整可能で、シリコンカバー付です。
外れにくいだけじゃなく、デザインにもこだわりましたので、
ぜひ一度ご覧ください。^^

ノンホールピアス

⇒ノンホールピアス

2015-02-16 | Posted in ノンホールピアスQ&AComments Closed 

 

ニッケルフリーのノンホールピアス

金属アレルギーの方で一番多いと言われているのが、
ニッケルのアレルギーです。

WOJEのノンホールピアスの金具は、
金属アレルギーの方にもお使いいただけるよう、
ニッケルフリーのものを使用しています。

コットンパールのノンホールピアス

おしゃれを楽しむために買ったのに、
金属アレルギーで着けられないなんて
悲しすぎますもんね。

素材は、スズ合金を金メッキコーティングしています。

日本製の高品質な金メッキでコーティングしていて、
海外製よりも不純物が少ないため、変色しにくく、
ゴールドの輝きが綺麗です。

ニッケルフリーといっても、
ニッケル以外のものにアレルギーがある方は、
金属アレルギーが出てしまう可能があります。
何卒ご了承くださいませ。

金自体にアレルギーが出る方も
少数ながらいらっしゃいますので。^^;

2015-02-09 | Posted in ノンホールピアスQ&AComments Closed